最終BCSランキング発表



本日は、NFLの試合の感想の前に、カレッジフットボールの話題を。


昨日書きましたように、ついに、「BCSランキング」の最終結果が出ました。


いつもはトップ10を中心に紹介していましたが、
最後なので、25位まで全て掲載したいと思います。


 1位(1位→) オハイオ州立大Big Ten) 12勝0敗 <注目>
 2位(4位↑) フロリダ大SEC) 12勝1敗 <注目>
 3位(3位→) ミシガン大Big Ten) 11勝1敗
 4位(5位↑) LSUSEC) 10勝2敗
 5位(2位↓) USCPac-10) 10勝2敗 <注目>
 6位(6位→) ルイビル大Big East) 11勝1敗
 7位(7位→) ウィスコンシン大Big Ten) 11勝1敗
 8位(8位→) ボイジー州立大WAC) 12勝0敗 <非>
 9位(11位↑) オーバーン大SEC) 10勝2敗
 10位(12位↑) オクラホマ大Big 12) 11勝2敗 <注目>
 11位(10位↓) ノートルダム大独立校) 10勝2敗 <注目>
 12位(9位↓) アーカンソー大SEC) 10勝3敗
 13位(15位↑) 西バージニア大Big East) 10勝2敗 <注目>
 14位(17位↑) ウェイクフォレスト大ACC) 11勝2敗
 15位(14位↓) バージニア工科大ACC) 10勝2敗
 16位(13位↓) ラトガース大Big East) 10勝2敗
 17位(16位↓) テネシー大SEC) 9勝3敗
 18位(18位→) カリフォルニア大Pac-10) 9勝3敗
 19位(19位→) テキサス大Big 12) 9勝3敗
 20位(21位↑) BYUMWC) 10勝2敗 <非>
 21位(23位↑) テキサス農工大Big 12) 9勝3敗
 22位(24位↑) オレゴン州立大Pac-10) 9勝4敗
 23位(20位↓) ネブラスカ大Big 12) 9勝4敗
 24位(圏外↑) ボストンカレッジACC) 9勝3敗
 25位(圏外↑) UCLAPac-10) 7勝5敗
 圏外(22位↓) ジョージア工科大ACC) 9勝4敗
 圏外(25位↓) ハワイ大WAC) 10勝3敗 <非>


というわけで。


フロリダ大が2位に浮上!
これにより、フロリダ大の「BCS全米選手権」出場が決定しました。


いやぁ、よかったよかった。


USCが敗れたときはどうなるかと思いましたが、
最終的には、「注目校」同士の対決となって、嬉しい限りです。


さて、「BCSランキング」は、究極的には、この「1位・2位」を決めるのが目的ですから、
あとのチームは、何位だろうと、ほとんど関係ないと言えますが、
いくつか注目して見てみましょうか。


今週負けたUSCは5位となりました。


通常、「ランキング外」のチームに敗れると、一気に評価は落ちてしまうものですが、
かなり高い位置に止まれたのは、それだけ、USCに対する評価は高いものがある、
ということなのでしょう。


ちなみに、USCに勝ったUCLAは、7勝5敗という低い成績ながら、
ほとんど今週のインパクトだけで、25位に入りました。


Big East」カンフォレンスを制したルイビル大が6位。


「非BCSカンファレンス」所属のボイジー州立大は、先週と同じく8位。
4大ボウル」出場条件を、楽々とクリアしました。


注目校の1つで、「Big 12」カンファレンスを制したオクラホマ大が、10位に浮上。


そして、「最注目校」のノートルダム大が、11位にダウン。


ノートルダム大が「4大ボウル」に出場するための条件は「ランキング8位以内」、
・・・と書いてきましたので、ああ、結局ダメだったか、と思うところなのですが・・・。


実は、後からも書きますが、ノートルダム大は、「4大ボウル」の1つ、
シュガーボウルに出場することが決定しました。


詳細は不明ですが、恐らく、「アットラージ」と呼ばれるの仕組みにより、
「レギュラーシーズン9勝以上、BCSランキング14位以内」のチームの中から、
ボウル委員会によって選ばれたものと思います。


実は、ノートルダム大より上位にいる、ウィスコンシン大オーバーン大は、
同じ資格がありながら、「4大ボウル」に出場できないことになったのですが、
このあたりは、やはり、注目度の違い(=ノートルダム大の方が視聴率を取れる)、
ということなんでしょう。


とりあえずは、よかったなぁ、というところで。


さて、続けますと、これも注目校の1つで、
今週、大接戦の末に勝利を収めた西バージニア大が13位に浮上。


ACC」カンファレンスを制したウェイクフォレスト大は14位。


Pac-10」カンファレンス優勝をUSCと分け合う形となったカリフォルニア大は18位。
直接対決でUSCが勝っているので、USCの方が上なのは当然としても、
こんなに順位が離れているところから、評価の違いがよく分かりますねぇ。


もう1校の「非BCSカンファレンス」所属チーム、BYUは、
毎週、ちょっとずつ順位を上げて、最終的には20位。
立派ですね。


なお、先週ランクインしていた、同じく「非BCSカンファレンス」所属のハワイ大は、
今週負けて、圏外に去りました。


・・・と、そんな感じで。


ところで、初めて「BCSランキング」が発表された第7週直後のときに、
カンファレンス別に、何校ずつランクインしているのかを書いていました。


>カンファレンス別では、「SEC」カンファレンス所属チームが6校で、やはり最多。
>「Big Ten」カンファレンスと「Big 12」カンファレンスが4校ずつ。
>「Big East」カンファレンスと「Pac-10」カンファレンスが3校ずつ。
>「ACC」カンファレンスが2校。
>・・・と、以上が「BCSカンファレンス」。
>「非BCSカンファレンス」からは2校だけランクインしており、
>7勝0敗のボイジー州立大の15位が最高位です。


・・・と、そんな感じでした。
で、最終的には、どうなっているかも見てみますと。


やはり「SEC」カンファレンス所属チームが最多ながら、1校減って5校に。
Big 12」カンファレンスと「Pac-10」カンファレンスが4校ずつ。
ACC」カンファレンスと「Big East」カンファレンスと、
Big Ten」カンファレンスが3校ずつ。
「非BCSカンファレンス」からは2校で、ボイジー州立大の8位が最高位。


・・・うーん、まあ、そんなに変わらないと言えば変わらないですが、
偏りはなくなって、満遍なく入っているようになった感じもありますかね。


ただ、まあ、例えば、「SEC」カンファレンスは「上から4番目」でも12位なのに、
ACC」カンファレンスは「1番上」でも14位・・・など、
カンファレンス間の実力差は、はっきりしているようではありますが。


では次に、各カンファレンスの状況。


まずは、今週「優勝決定戦」が行われた、
「2ディビジョン制」のカンファレンスの各優勝校を。


ACC
   ウェイクフォレスト大 7勝2敗(11勝2敗)
Big 12
   オクラホマ大 8勝1敗(11勝2敗) <注目>
C-USA
   ヒューストン大 8勝1敗(10勝3敗)
MAC
   中央ミシガン大 8勝1敗(9勝4敗)
SEC
   フロリダ大 8勝1敗(12勝1敗) <注目>


先週のものと見比べていただけると分かるのですが、
実は、「注目校」が出場したカンファレンス以外は、
全部、「注目校」が所属していない方のディビジョンのチームが勝っているんですよね。


いや、別に関係ないじゃん、と言われれば、確かにそうですが、
なんとなく、悔しい感じもしないでもなく・・・。


・・・いや、やっぱり関係ないか・・・。


さて、では次に、「1ディビジョン制」のカンファレンスの最終成績を。


Big East
   ルイビル大 6勝1敗(11勝1敗)
   西バージニア大 5勝2敗(10勝2敗) <注目> 2位
Big Ten
   オハイオ州立大 8勝0敗(12勝0敗) <注目> 1位
MWC
   BYU 8勝0敗(10勝2敗)
   ユタ大 5勝3敗(7勝5敗) <注目> 3位
Pac-10
   USC 7勝2敗(10勝2敗) <注目> 1位
   カリフォルニア大 7勝2敗(9勝3敗)
Sun Belt
   トロイ大 6勝1敗(7勝5敗)
   中央テネシー州立大 6勝1敗(7勝5敗)
   アーカンソー州立大 4勝3敗(6勝6敗) <注目> 3位
WAC
   ボイジー州立大 8勝0敗(12勝0敗)
   ネバダ大 5勝3敗(8勝4敗) <注目> 3位


こうやって見てみると、注目校の最終順位は、全部そんなに悪くないんですねぇ。


おかげで、レギュラーシーズンを通して、なかなか楽しめました。
(もちろん、「全部優勝してもらいたかった」という欲張りな思いはありつつ)


なお、「Pac-10」カンファレンスについては、
昨日も書きましたとおり、USCカリフォルニア大の2校が「優勝」。


Sun Belt」カンファレンスについても同様に、
トロイ大中央テネシー州立大の2校が「優勝」となっているようです。
(ちなみに、直接対決ではトロイ大が勝ってます)


以上、カレッジフットボール、レギュラーシーズンの最終結果でした。

ボウルゲームの対戦カードが確定



さて、では引き続き、カレッジフットボールの話題を。
NFLの話題は、本日は、後回しで。


先ほど書きましたように、「最終BCSランキング」が発表され、
どのチームが「BCS全米選手権」に出場するかが確定しました。


それに伴い、全ボウルゲーム(今シーズンは32試合)の対戦カードも確定しました。


まずは、注目の「BCS全米選手権」+「4大ボウル」の対戦カードを見てみましょう。


改めて記しておきますと、昨シーズンまで8年間は、
4大ボウル」の1つが順番に「BCS全米選手権」として行われていましたが、
(例えば、昨シーズンの「BCS全米選手権」はローズボウルでした)
今シーズンからは、「BCS全米選手権」が別の試合として行われることになります。



BCS全米選手権」は、「BCSランキング」1位チームと2位チームの対戦。
もちろん、この試合に勝ったチームが、今シーズンの「全米ナンバー1」です。


この試合が、最も注目される試合なのは、言わずもがなです。


ローズボウルは、その「BCS全米選手権」出場をほとんど手中にしながら、
最後の最後で負けて逃してしまったUSCと、
最終的に投票で出場を逃してしまったミシガン大の対戦。


これは、どちらも、その悔しさをぶつけてくる、激しい試合となりそうですねぇ。
どちらも実力は折り紙つきですし、非常に楽しみな対戦カードとなりました。


オレンジボウルは、個人的には、この中で最も注目度の低い試合ですが、
ルイビル大が圧倒的に優勢と思える中、
ウェイクフォレスト大が「ACC」カンファレンス優勝校の意地を見せられるかどうか、
・・・というのが、注目となるところでしょうか。


ルイビル大に負けてしまった西バージニア大に注目してシーズンを見ていた者としては、
ここはルイビル大に、あっさりと勝ってもらいたい、という気持ちです。


シュガーボウルは、「最注目校」のノートルダム大が出場しますから、もちろん注目。
対戦相手は、激戦区「SEC」カンファレンスで、
優勝決定戦に出場して負けたアーカンソー大よりも高い評価を得たLSUとなります。
(先週書きましたように、LSUは直接対決でアーカンソー大に勝っています)


4大ボウル」に出場するチームは、基本的に「カンファレンス優勝校」ですが、
ノートルダム大はカンファレンスに所属していませんし、
LSUは、優勝校のフロリダ大が「BCS全米選手権」に出場するための繰り上がりと、
どちらも優勝校ではない対戦カードとなってしまいました。


しかし、どちらも、衆目の一致する強豪校ですから、注目は集まるところでしょう。


最近、ちょっと評価を落とした感のある、
ノートルダム大のQBブレイディ・クィンにとっては、
NFL入りに向けて、最後のアピールの場となりますので、大活躍を期待したいですね。


フィエスタボウルは、「非BCSカンファレンス」所属ながら、
レギュラーシーズン無敗で、「BCSランキング」8位に食い込んだ、
今シーズンのシンデレラチームのボイジー州立大と、
シーズン前半の不運・不振から立ち直って、
終盤8連勝で大逆転のカンファレンス優勝を果たしたオクラホマ大の対戦。


これは、かなり楽しみな対戦となりましたね。
世間一般的には、「BCS全米選手権」とローズボウルに次いで、
注目が集まる試合なのではないでしょうか。


個人的には、この試合で復帰するオクラホマ大RBエイドリアン・ピーターソンが、
シーズンを棒に振った鬱憤を晴らす活躍をしてくれることを期待したいところですが、
「シンデレラチーム」とか大好きなので、ボイジー州立大の健闘も楽しみです。


・・・以上、5試合。


試合まで、まだまだ1ヶ月あるわけですが、
今からもう楽しみになっています。


ちょっと気になっているのは、昨シーズン、
4大ボウル」は「SPORTS-i ESPN」(現「J SPORTS ESPN」)で、
完全放送(3試合が生中継)されていたのですが、
実は、アメリカでの放送局が変わってしまっていて、
ローズボウル以外の試合(「BCS全米選手権」も)は、
放映権が「ESPN」から「FOX」に移ってしまっているんですよねぇ。


ローズボウルは生中継されると思うのですが、
ひょっとして、それ以外の試合は、見られないのでしょうか・・・?
(日本の「FOXチャンネル」では、スポーツは放映していないみたいですし)


うーん、そうだったら、かなり残念だなぁ。


どうにかなりませんかねぇ。


さて、次に、今シーズンずっと注目してきたノートルダム大+「11校」の、
ボウルゲーム出場状況をチェックしてみたいと思います。



最終成績が6勝6敗ながら、ボウルゲームに出場できるかも・・・、
と言われていたマイアミ大(フロリダ)も、めでたくボウルゲーム出場が決まりましたが、
その対戦相手が、なんと、こちらも「注目校」のネバダ大


もちろん、「BCS全米選手権」での「注目校」同士の対戦が最も楽しみですが、
それ以外でも、「注目校」同士の対戦が実現するとは、嬉しいことですねぇ。


楽しみです。


それにしても、昨年から思ってましたが、「MPCコンピューターズボウル」って、
言いにくいというか、パッとしない名前ですねぇ。
(スポンサーの名前だから、しょうがないんだけども)


実は、今年は、更にパッとしない言いにくい名前のボウルゲームが増えていますが、
また、そのあたりは別の機会に。


ボウルゲームの「格」で言えば、「BCS全米選手権」と「4大ボウル」以外では、
西バージニア大の出場するゲーターボウルが、結構高いものになりますね。
1946年から続く、伝統のボウルゲームです。


ちなみに、この試合は、ローズボウルフィエスタボウルなどと同じく、
元旦、1月1日に行われます。


あと、ユタ大の出場する「アームドフォーシズボウル」は、
昨年まで「フォートワースボウル」と呼ばれていた試合が改名したもの。


新たに付いたスポンサーが、軍用ヘリコプターを作っている会社のため、
Armed Forces」=「軍隊」なんていう、厳つい名前が付いたようです。


・・・冷静に考えると凄いな、「軍隊ボウル」って・・・。


というわけで。
まずは、ボウルゲーム全32試合の中から、
BCS全米選手権」「4大ボウル」と、注目校の出場する試合だけを紹介しました。


その他の試合については、また、ボウルゲームシーズンが近づきましたら、
紹介したいと考えております。


ボウルゲームは、12月19日、ポインセチアボウルからスタート
本格的には、クリスマスを過ぎてから、という感じですね。


そして、年明け3日間に「4大ボウル」。
BCS全米選手権」は、1月8日開催です。


・・・といったところで、そろそろNFLの試合の感想に移ろうかと思ったのですが、
ボウルゲームのデータを今年のものにしたりしていて、時間がなくなってしまったので、
明日に回させてください。(試合は全部見たんですけども)


すいません。


本日は、以上で。