週間オフェンスラインMVP(第1週)



では本日は、「オフェンスラインスタッツ」から。


このスタッツと、次の「ディフェンスインパクトポイント」に関しては、
「その週に活躍した選手」と「シーズンを通したランキング」の2段構えです。


まず、第1週の「ベストオフェンスライン選手」(各ポジション1人ずつ)は以下の通り。

  選手名 オフェンスライン
ポイント
ラン パス 反則
LT マット・ライト
ニューイングランド・ペイトリオッツ
38 22 16 0
LG ローガン・マンキンズ
ニューイングランド・ペイトリオッツ
48 40 8 0
C ダン・コッペン
ニューイングランド・ペイトリオッツ
38 30 8 0
RG スティーヴ・ニール
ニューイングランド・ペイトリオッツ
42 34 8 0
RT ライアン・ディーム
インディアナポリス・コルツ
28 22 6 0



ああ、そうだ。


現在、ペイトリオッツの「スパイ事件」が大騒ぎになっていますが、
「選手の活躍」は「選手の活躍」ということで、
変な色眼鏡はかけずに書きますので、悪しからず。


さて、とりあえず先に、第1週時点の「オフェンスラインベスト10」も載せておきます。

順位 選手名 オフェンスライン
ポイント
試合数 ラン パス 反則
1位 LG ローガン・マンキンズ
ニューイングランド・ペイトリオッツ
48 1 40 8 0
2位 RG スティーヴ・ニール
ニューイングランド・ペイトリオッツ
42 1 34 8 0
3位 C ダン・コッペン
ニューイングランド・ペイトリオッツ
38 1 30 8 0
3位 LT マット・ライト
ニューイングランド・ペイトリオッツ
38 1 22 16 0
5位 C ケヴィン・マワイ
テネシー・タイタンズ
37 1 38 -1 0
5位 LG ジェイコブ・ベル
テネシー・タイタンズ
37 1 38 -1 0
5位 RG ベンジー・オルソン
テネシー・タイタンズ
37 1 38 -1 0
8位 LG マイク・ウォール
カロライナ・パンサーズ
34.5 1 30 4.5 0
9位 RG クリス・グレイ
シアトル・シーホークス
32 1 30 2 0
10位 RG ジェイク・スコット
インディアナポリス・コルツ
29 1 26 3 0

NFL - My New Ratings & Stats


なお、昨シーズンまではありませんでしたが、今回、「規定回数」を設けました。


基準は「スターター出場試合数」で、
第5週までが「1試合」、第9週までが「2試合」、第13週までが「3試合」、
そして、それ以降は「4試合」が、その「規定回数」になります。


これは、「全員分合計すると大体プラスマイナス0」になるような値となっているため、
シーズン終盤に1試合だけ出場した選手が、
いきなり中位にランクインすることを防ぐ目的です。


さて、この指標のコンセプトを。


 http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20051008#p1
 http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20051015#p3


シーズンの流れの中で作成したものなので、
ちょっと中途半端な形になっているかもしれません。


ポイントの詳細を、ここでまとめて記しておきますと、

  • ランブロッキングポイント(ポイントは責任範囲の選手のみに付与)
    • 前進   :+2
    • ノーゲイン:-2
    • ロス   :-18(ただし、タックル選手の外を回るプレーは「-10」)
  • パスプロテクションポイント(ポイントは全員に付与。ただし、両タックル選手は2倍)
  • ペナルティポイント(ポイントは本人のみに付与)
    • 反則1回 :-7



オフェンスラインポイント」は、これらの総計です。


ポイントの大小は、集計した1シーズンの統計情報を基に割り振り、
また、先ほどもチラッと書きましたが、シーズンを通してみたときに、
「全員分合計すると大体プラスマイナス0」となるようにしました。


ランプレーの「責任範囲」は、「Play-By-Play」の記述により判定しています。
(例えば、中央突破なら、「センター選手と両ガード選手」等)


例えば、今週1位のマンキンズ(左ガード選手)のケースだと、


 ラン:中央前進8回・左ガード方向前進7回・左タックル方向前進5回・
     各ノーゲイン0回・各ロス0回・・・・計40ポイント
 パス:成功22回失敗6回サック0回・・・計8ポイント
 反則:0回・・・計0ポイント


で、計48ポイントということになります。


さて、この「オフェンスラインスタッツ」は、
全「新能力指標」の中で、最も信憑性の薄いものと言わざるを得ません。


というのも、まず第1に、「スターター選手」を基準に考えられていること。
つまり、途中交代した場合も、全てスターター選手の成績に算入されています。
(「Play-By-Play」では判別できないので)


一応、他のポジションよりは途中交代しないポジション、という意味で、
全くトンチンカンな値になることは避けられているとは思いますが、
まあ、「正確」では無いことは確かで。


それから、第2に、あくまで「プレーの方向」を基準に考えられていること。


オフェンスラインには、「プルアウト」とか「プルイン」という戦術があり、
例えば、全プレーで「右ガード選手の右側に右タックル選手がいる」というわけでは、
必ずしもないのですが、これも、全てそうなのだと見なしています。
(「Play-By-Play」では判別できないので)


そして、第3には、パスプレーの際の役割に、あまり差異を設けていないこと。


一応、両タックル選手の役割を大きく(2倍に)見積もってはいますが、
例えば、誰か1人のミスのせいでサックを許してしまっていたとしても、
それは反映されていません。(「Play-By-Play」では判別できないので)


・・・と、そんな問題があるとはいえ。


「個人」が注目されることの少ないオフェンスライン選手に、
なんとか「出場試合数」以外のスタッツを付けて注目していきたい、
という目的のためには、それなりに機能しているのではないかと考えています。


これによって覚えた名前も多いですしね。


多少、不正確であっても、気にせず続けていきますので、
「そんな見方もあるんだ」という軽い気持ちで、ご覧頂ければと思います。


さて、今週の結果に戻りまして。


今週は、ペイトリオッツオフェンスラインが大活躍でしたね。
「ベストオフェンスライン選手」の5人中4人がペイトリオッツ選手。


パス成績も良いですし、ランプレーも、特に中央突破が確実に出ていて、
獲得ヤード数以上に「良い仕事をした」という印象があります。


そんな中、今週の「週間オフェンスラインMVP」(最もポイントの高い選手)は、
ガードローガン・マンキンズです。


マンキンズは、2005年にペイトリオッツドラフト1巡(全体32位)指名されNFL入り。


以来、全試合にスターター出場しているという、
いわゆる「エリート街道まっしぐら」な選手です。


今まで、何人ものオフェンスライン選手を、この日記で紹介してきましたが、
オフェンスラインって、ホント、「上位指名選手が確実に活躍」というケースが多いですねぇ。


そうそう、「普段は目立たない」のがオフェンスライン選手ですが、
マンキンズは、昨シーズンの終盤に、ちょっとインパクトの強い場面で名前が出ていました。


それは、AFCカンファレンスチャンピオンシップペイトリオッツ対コルツの試合のとき。


この試合は、オフェンスライン選手やらディフェンスライン選手やらが、
次々とタッチダウンをしていた珍しい試合でしたが、
その最初の選手が、マンキンズだったのでした。


いやぁ、コルツを応援して見ていた者としては、せっかくの相手ファンブルが逆効果となり、
「なんという運の悪さ・・・!」と嘆いたものですが、
逆に言えば、マンキンズが良い仕事をした、ということですね。


そんなマンキンズですが、昨シーズンの「オフェンスラインポイント」を見ると、
かなり低い成績に終わっています。


反則もそこそこ多く、何より、ランが出ないケースが多かったようで。


で、一昨年の記録も見返してみると、やはり、
ペイトリオッツオフェンスライン選手の中でも、マンキンズはかなり低い成績でした。


まあ、一昨年は「ルーキーだから」ということも言えたわけですが、
昨シーズンも同様なのは、本人にとっても、チームにとっても、困ったところです。


先ほど、「上位指名選手が確実に活躍」と書きましたが、
これでは、1巡指名選手としては、期待にそえていないということになるでしょう。


そんな中での、3年目の今シーズン。


開幕週から活躍できたことは、相当、ホッとする出来事だったのかもしれません。


とはいえ、まだ1週が終わったのみ。
今シーズンこそ大活躍を見せて、「1巡指名選手」としての期待に応えてもらいましょう。


以上、第1週の「オフェンスラインスタッツ」でした。

ディフェンス選手ランキング(第1週時点)



「新能力指標」、最後は「ディフェンスインパクトポイント」です。


まずは、第1週で高い値となった選手を、
ディフェンスラインラインバッカーディフェンスバックで、それぞれ1人ずつ。

選手名 ポイント タックル ロス サック パスDef INT FUM
DE カリンバ・エドワーズ
デトロイト・ライオンズ
59 1 0 2 0 0 2
LB マイク・ヴラベル
ニューイングランド・ペイトリオッツ
51 4 0 3 0 0 1
FS レジー・ネルソン
ジャクソンビル・ジャガーズ
34 5 0 1 0 0 1



そして、第1週時点での「ディフェンス選手ベスト10」は、以下の通り。

順位 選手名 ポイント タックル ロス サック パスDef INT FUM
1位 DE カリンバ・エドワーズ
デトロイト・ライオンズ
59 1 0 2 0 0 2
2位 DE ロバート・ジャザース
シンシナティ・ベンガルズ
54 2 1 1 1 1 1
3位 LB マイク・ヴラベル
ニューイングランド・ペイトリオッツ
51 4 0 3 0 0 1
4位 LB ローファ・タトゥープ
シアトル・シーホークス
48 8 0 0 0 0 2
5位 DE ディウェイン・ホワイト
デトロイト・ライオンズ
47 4 0 1 0 1 1
6位 DE トレント・コウル
フィラデルフィア・イーグルス
45 1 2 2 0 0 1
7位 LB ジェイムズ・ファリアー
ピッツバーグ・スティーラーズ
44 3 0 1 2 0 1
8位 LB カルロス・ダンズビー
アリゾナ・カーディナルズ
43 8 2 1 0 0 1
9位 LB ジュリアン・ピーターソン
シアトル・シーホークス
42 4 0 2 0 0 1
10位 LB ロジャー・マキントッシュ
ワシントン・レッドスキンズ
39 10 0 1 0 0 1

NFL - My New Ratings & Stats


なお、これも例によって、各スタッツは公式スタッツと必ずしも一致しません。
例えば、「タックル」の回数に「ロスタックル」や「サック」の回数は含まれていませんし、
サック回数は、2人でサックした場合にも「0.5回」ではなく「1回」としています。


さて、この指標については、昨シーズン、「試しに」掲載していましたが、
結局、詳しい説明を1度も載せていませんでしたので、ここに記しておきます。


元々の目的は、僕が、どうしてもオフェンス選手にばかり目がいってしまうので、
「どのディフェンス選手が活躍している選手なのか」という手がかりを得たい、
というものでした。


で、ディフェンス選手のスタッツはいろいろあるので、それを見れば良いのですが、
逆に、全てのポジションの選手に、全てのスタッツが付いているので、
「どのスタッツが高いと良いディフェンスエンド選手なの?」とか、
「どのスタッツが高いと良いラインバッカー選手なの?」とかが分かりにくく。


混乱に拍車をかけるのは、「3−4」と「4−3」というディフェンス隊形によって、
同じポジションでも「役割」が変わってくるところで。


「3−4」のラインバッカーと「4−3」のディフェンスエンドが同じような役割、
・・・となると、ポジションごとのスタッツ比較も難しくなってきます。


もちろん、一緒くたに考えず、そういう違いを細かく見ていくことこそが、
ディフェンス観戦の1つの楽しみ方なのでしょうが、それは「上級者向け」だなぁ、と。


僕みたいな「ディフェンス観戦初心者」には、もうちょっと手がかりが欲しいところです。


で、それならば、全スタッツを1つのポイントに集約し、
ポジション・役割によらず、全ディフェンス選手を比較できるようにならないか、と。


タックルが多い選手と、サックが多い選手と、インターセプトが多い選手とを、
同じ基準で並べて、全員、「今活躍しているディフェンス選手」という形で見られれば、
分かりやすいのではないかと考えたわけです。


スタッツを1つに集約することによって分かりやすくなる」というのは、
パス成功率・獲得ヤード数・タッチダウン数・インターセプト数をまとめて、
「QBレーティング」という形にすると分かりやすくなる、ということと同じ発想ですね。


で、そうなると、
タックル1回の価値」「サック1回の価値」「インターセプト1回の価値」・・・、
・・・等々を設定する必要があります。


一昨年のシーズンのデータを集計し、割り振っていったのですが、
そのときに心がけたのは、「各ポジションの上位選手が大体同じポイントとなる」こと。


せっかく全ディフェンス選手を同じ基準で比較するのに、
ランキングを作ってみたら同じポジションばかりでは、目的にかなってないですからね。


そうして、試行錯誤しながら決定した、各スタッツの「重み」は以下のとおりです。



なお、昨シーズン時点では「ロスタックル」の項目がありませんでしたが、
昨シーズンの結果を鑑みて、新たに加えました。


今週1位のエドワーズのポイントを計算してみますと、


 タックル1回     :1ポイント
 ロスタックル0回   :0ポイント
 サック2回      :18ポイント
 パスディフェンス0回 :0ポイント
 インターセプト0回  :0ポイント
 ファンブルフォース2回:40ポイント


で、合計59ポイントということになっています。


このポイント配分に、どれだけの「妥当性」があるのかは分かりません。


ただ、昨シーズン、「最優秀守備選手賞」を受賞したのは、
マイアミ・ドルフィンズDEジェイソン・テイラーだったのですが、
タックル回数やサック回数等、何かのスタッツで1位だったわけでもなければ、
チームが強かったわけでもない中で、
テイラーに早い段階から注目していられた(活躍していることに気が付けた)のは、
このポイントのおかげだと言えます。


そういう意味では、作った甲斐があったかな、と思っているところです。


さて、今週の結果に戻りましょう。


先日発表された「週間MVP」のディフェンス部門を見てみると、
AFCヒューストン・テキサンズDEマリオ・ウィリアムズ
NFCデトロイト・ライオンズDEディウェイン・ホワイトでした。


ウィリアムズは、ファンブルリカバーリターンタッチダウンが特に評価されてのものですが、
ディフェンスインパクトポイント」では、
ファンブルリカバーもリターンタッチダウンも、偶然性が高いので評価しておらず、
そんな理由で、上位に入ってきてはおりません。


ただ、気になったのがホワイトでして、こちらでも5位に入っていますが、
なんか、「受賞理由」となったスタッツが、こちらの値と大きく食い違っているんですよね。


 公式スタッツ:7タックルサックインターセプトファンブルフォース
 こちらの集計:4タックルサックインターセプトファンブルフォース


このうち、「タックル数」に関しては、こちらではサックしたときのものは含めないので、
食い違って良いものなのですが、それを考慮しても違いすぎます。


一体、どういうことなのか。


ポイントは、試合終盤の、こんなプレーでした。


 オークランド・レイダーズQBジョシュ・マカウンホワイトサック
 マカウンファンブル
 レイダーズTEザック・ミラーファンブルリカバー
 そのミラーに、ホワイトタックル
 ミラーファンブル
 ホワイトファンブルリカバー


・・・以上、1プレー内の出来事。


この1プレーの間に、ホワイトは、公式スタッツ上、
「2タックルサックファンブルフォース」を挙げているわけですね。
(なぜか「ファンブルリカバー」は記録されていないようで。なぜだ?)


・・・って、凄いな、これ・・・。


うーん、まあ、考え方によって、どちらとも考えられると思いますが、
とりあえず、「ディフェンスインパクトポイント」上では、
1プレー内に複数の出来事が積み重なっても、最初のものだけを考えることにします。
ファンブルリカバーやリターンタッチダウンを評価しないことと同じ方向性で)


多分、こういう「特異」なプレーを高く評価しすぎると、
他の「普通」のプレーとのバランスが取れなくなってしまうのではないでしょうか。


そんなわけで、今のケースは、「1サックファンブルフォース」となります。


・・・以上が、今週の「週間MVP」受賞者が、ポイント上であまり目立っていない理由でした。


あと、今週、非常に興味深いところは、「ベスト10」を見てみると、
ディフェンスバック選手が1人も入っていないんですよね。


先ほどチラッと書きましたとおり、今回、「ロスタックル」という項目を増やしましたが、
元々、昨シーズンの計算では、ディフェンスバック選手が上位に多くなっていたので、
他のポジションとのバランスを取るため・・・というのが、その目的でした。


ですので、上位にディフェンスラインラインバッカーの選手が、
昨シーズンより目立つようになるのは、狙いどおりです。


ただ、そうは言っても、「ロスタックル」のポイントは「タックル」より2ポイント高いだけ。
第1週時点では、高々「ロスタックル2回分」=「4ポイント」の違いでしかなく、
ディフェンスバック選手が1人もいなくなってしまうほどの違いではありません。


そうなると、単純に今週は、全体的にディフェンスバック選手が活躍できていなかった、
・・・ということになるのでしょうか。


そういえば、昨日、「第1週はパスが多く、ランが少なかった」ということを書きましたが、
何か、それと関係があるのでしょうかねぇ。


いや、普通に考えると、「パスが多い」なら、
ディフェンスバック選手の活躍機会が増えるはずなので、
非常に不思議な感じはしますけども・・・。


・・・あ、今、これを書きながら、理由に気が付きました。


今週は、ファンブルが無茶苦茶多かったんですね。
全部で36回も。


で、その多くが、ライン付近でのものだったために、
必然的に、ディフェンスライン選手やラインバッカー選手のポイントが高くなったのでしょう。


こんなに多いのは、開幕週ならではのことで、来週以降は減るはずですから、
徐々に、ディフェンスバック選手の活躍も目立ってくるのではないかと思います。


とりあえず、来週以降の推移に注目しておきましょう。


以上、第1週の「ディフェンスインパクトポイント」でした。

第2週の希望(まとめ)



第1週の「振り返り」はこれで終了しましたので、
次は、第2週の「希望」のまとめを。


第2週の「勝利希望」は、以下のような感じです。


なお、「第1弾」=「ドラフト直後Ver.」、「第2弾」=「プレシーズン直前Ver.」、
「第3弾」=「開幕直前Ver.」、「直前」=「現在の気持ち」で、
希望が前と変わらなかった場合は、省略してあります。

                 
      希望    
アウェイ ホーム 第1弾 第2弾 第3弾 直前
ATL JAC JAC ATL    
BUF PIT PIT      
CIN CLE CLE     CIN
GB NYG GB      
HOU CAR CAR      
IND TEN IND      
NO TB NO      
SF STL STL      
DAL MIA DAL      
MIN DET MIN      
SEA ARI ARI      
KC CHI CHI KC   CHI
NYJ BAL NYJ     BAL
OAK DEN DEN      
SD NE SD      
WAS PHI WAS      



今回、「直前」で変更したのは、3試合。


まず、クリーブランド・ブラウンズは、
なんと言っても、QBチャーリー・フライがいなくなってしまいましたからねぇ。


QBデレック・アンダーソンは、特に応援しているわけではないので、
だったら、シンシナティ・ベンガルズの方がいいかな、と。


元々、ベンガルズも嫌いなチームじゃないですし。


カンザスシティ・チーフスシカゴ・ベアーズの試合は、なんとなく。


ベアーズ、今週はRBギャレット・ウルフを使ってくれないかなぁ。


そして、ニューヨーク・ジェッツボルチモア・レイヴンズの試合は、
ジェッツのQBチャド・ペニントンが出場しないから・・・ではなく、
レイヴンズのQBカイル・ボウラーが出場することに、一抹の期待をかけて。


現時点では未定、というか、相手を混乱させる常套手段として、
「どっちが出るか分かんないよ」という状態にしてあるのですが、
(そういえば、ジェッツは早々に交代を発表してますが)
QBスティーヴ・マクネアが出てくる可能性も、十分にあります。


そんなわけで、ちょっとした賭け。


マクネアが出てきたら、おとなしくジェッツの応援に回ります。


ああ、昨シーズン、マイアミ・ドルフィンズで、
QBジョーイ・ハリントンが出場するかも・・・ということで賭けに出て、
実際に出てきて、無茶苦茶喜んだことを思い出すなぁ。


そして、先ほどチラッと書きましたが、ジェッツのペニントンは、どうやら欠場確定。
昨年のドラフト2巡指名QBケレン・クレメンスが、初スターター出場となります。


そういえば、5月に、各チームの「クォーターバック状況」をまとめたときに、


>なんか、ペニントンが怪我をした瞬間に、
>「さあ大変だ!」ということで、何人ものクォーターバックと契約したりしそうだなぁ。


・・・とか書いていましたが、そんなことにはなりませんでした。


というか、そのときには、クレメンスが昨年のドラフト2巡という、
高順位での指名選手だということは、すっかり忘れていました。


さあ、どんなものでしょうか。


今のところ、クレメンスに対しては、応援しているとかしていないとか、
何もないのですが、この試合の内容次第では、注目したくなっているかもしれませんね。


それにしても。


何かと予想するのが難しいNFLの世界ですが、
シーズン前に「今シーズン、ペニントンが怪我をする」という予想をしたら、
かなりの確率で当たるような気がしてきました・・・。


・・・どういう星のめぐり合わせなんでしょうねぇ。


あ、そうだ。
怪我といえば、オークランド・レイダーズのQBジョシュ・マカウンも怪我で、
QBダンテ・カルペッパーが出場する見込みのようです。


どちらにせよ、頼むよ。


ただ、今週はデンバー・ブロンコスが対戦相手なので、
僕は当然、ブロンコスの「勝利希望」なのですが・・・。(こういうのも、ちと複雑)


あと、ニューヨーク・ジャイアンツのQBイーライ・マニングも、
先週の試合中に怪我をしており、今週はQBジャレッド・ロレンゼンスターター出場か、
・・・と言われていましたが、こちらは、マニング出場の可能性が高そうです。


ロレンゼンなら、俄然、応援したくなるところですが。
(ああ、でも、対戦相手がグリーンベイ・パッカーズなら、「勝利希望」は変わらずかな)


そういえば、書き忘れていたのですが、
ロレンゼン、先週の試合の最終盤に出場し、
レギュラーシーズンで初めてパスを投げ、初めてパス成功しています。


とりあえず、おめでとう(?)。


あと、どうでもいい話ですが、
なぜに、公式ページのインジャリーレポートのページ(ここ)では、
James Pennington」とか「Elisha Manning」とか、
わざわざ、そんな名前(本名)で書いてあるのでしょうか・・・。


ペニントンマニングは、まだ分かりやすくていいのですが、
他にも、一般的に知られている名前ではないものが多くて、結構悩ましいです。
(「Victor Cooper」がマーキス・クーパーとか「John Smith」がL・J・スミスとか)


・・・誰もそんなこと気にしてないのかなぁ。


4ヶ月近く前に書いた、この週の「補足」は、こちら。


 http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20070522


バッファロー・ビルズ、今週は「良い負け方」をよろしくお願いします。


以上、第2週の「希望」のまとめでした。