週間オフェンスラインMVP(第3週)



さて、今週も、「オフェンスラインスタッツ」を用いた、
「週間オフェンスラインMVP」を掲載したいと思います。


まず、第3週の「ベストオフェンスライン選手」は以下の通り。

  選手名 オフェンスライン
ポイント
ラン パス 反則
LT トニー・ユーゴー
インディアナポリス・コルツ
38 30 8 0
LG クリス・リウィンスキー
マイアミ・ドルフィンズ
31 28 3 0
C ショーン・メイハン
ピッツバーグ・スティーラーズ
35 34 1 0
RG デイヴィン・ジョセフ
タンパベイ・バッカニアーズ
32 30 2 0
RT ジョーダン・グロス
カロライナ・パンサーズ
25 30 -5 0



先週までとは変わり、ちょっと新鮮な顔ぶれになりましたかね。


いずれも、今週の試合でランが好調だったチーム。


そんな中、「パスの好調さ」も抜けていたコルツのユーゴーが、
今週の「週間オフェンスラインMVP」です。


いやぁ、きましたね、ユーゴー


開幕戦で注目されていたことも記憶に新しいですが、
なんといっても、今シーズンのドラフト2巡指名選手


今、最も活躍している新人選手の1人と言ってよいでしょう。


そのユーゴーが紹介されるときに、枕詞のように出てくるのが、
タリック・グレンの引退によって左タックルを任されることになった」という言葉。


グレンは、このコーナーの常連選手でした。


昨シーズンのカンファレンスチャンピオンシップのときに、
グレンが「週間オフェンスラインMVP」となっていたので、ちょっと振り返ってみます。


 http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20070124


今、改めてグレンの紹介を読むと、ちょっと感慨深いものがありますね。


ついに、QBペイトン・マニングと共にスーパーボウルリングを手にしたグレンが、
その後に選んだのは、「契約延長」ではなく、「引退」でした。


そういう道もあるんだなぁ、と。


サラリーキャップ制度下においては、
>長年在籍した選手が必ずしも残留できるわけではないのが実情ですが、
>ここまでコルツ一筋で支え続け、結果を残してきた選手ですから、
>なんとか、「コルツで現役生活を終えられる」というようになるといいですね。


このことこそが、グレンの願いだったのかもしれません。


まさに、「ハッピーエンド」でした。


さて、今シーズン。


長年、左タックル選手として、マニングを支え続けたグレンの後を引き継いだのが、
新人選手のユーゴー


誰しもが、不安を覚えるところです。


しかし、そんな不安は、ここまでの3試合を見る限りでは、
全くの杞憂だったと言ってもよいでしょう。


コルツオフェンスは好調であり、そして、ユーゴーが守るマニングも好調です。


この「週間オフェンスラインMVP」上においても、
スムーズにバトンタッチが行われた感じで。


グレンのように、今後何年もマニングを支え続ける。
ユーゴーには、そんな活躍を期待したいですね。


さて、第3週時点での「オフェンスラインベスト10」は、以下の通り。

順位(比) 選手名 オフェンスライン
ポイント
試合数 ラン パス 反則
1位(→) LT マット・ライト
ニューイングランド・ペイトリオッツ
119 3 76 43 0
2位(→) LG ローガン・マンキンズ
ニューイングランド・ペイトリオッツ
89.5 3 68 21.5 0
3位(↑) RG ベンジー・オルソン
テネシー・タイタンズ
67 3 64 3 0
4位(↑) C サムソン・サテレイ
マイアミ・ドルフィンズ
62.5 3 56 6.5 0
5位(↓) C ケヴィン・マワイ
テネシー・タイタンズ
57 3 54 3 0
6位(↑) LT アダム・テリー
ボルチモア・レイヴンズ
56 3 54 16 -14
6位(↑) LT ウォルター・ジョーンズ
シアトル・シーホークス
56 3 42 14 0
6位(↓) LG ジェイコブ・ベル
テネシー・タイタンズ
56 3 60 3 -7
9位(↑) C スティーヴ・マッキニー
ヒューストン・テキサンズ
54 3 40 14 0
10位(↑) LT ウィリアム・トーマス
フィラデルフィア・イーグルス
52 2 44 8 0

NFL - My New Ratings & Stats


上位2人は、先週と変わらず。


というか、値を見ていただきますと分かりますが、
かなり、独走状態に入りかかっています。


今週の「ベストオフェンスライン選手」には1人も入っていませんでしたが、
相変わらず、ペイトリオッツのオフェンスは好調ですからねぇ。


果たして、このまま突っ走ってしまうのかどうか。


他の選手を見ると、順位こそ動いていますが、
タイタンズ選手が3人入っているのも変わらず。


意外なところでは、ドルフィンズサテレイが、
先週25位から4位にジャンプアップしてきています。


そういえば、今週の「ベストオフェンスライン選手」にもリウィンスキーが入っていました。


そして、「ランナーレーティング」でも、RBロニー・ブラウンが9位に入っていました。


ドルフィンズは、開幕3連敗中ではあるのですが、
オフェンス(特にラン)はなかなか好調なのかもしれませんね。


以上、第3週の「オフェンスラインスタッツ」でした。

ディフェンス選手ランキング(第3週時点)



さて次は、「ディフェンスインパクトポイント」です。


まずは、第3週で高い値となった選手を、
ディフェンスラインラインバッカーディフェンスバックで、それぞれ1人ずつ。

選手名 ポイント タックル ロス サック パスDef INT FUM
DE ジャレッド・アレン
カンザスシティ・チーフス
56 3 3 2 1 0 1
LB マシアス・キーワヌーク
ニューヨーク・ジャイアンツ
48 4 2 2 0 0 1
CB コーリー・アイヴィー
ボルチモア・レイヴンズ
47 3 1 1 2 0 1



アレンは、ロスタックルを連発するは、サックも連発するは、ファンブルを引き起こすはと、
「10対13」という僅差のミネソタ・ヴァイキングス戦で大活躍でした。


特に値千金だったのは、前半の最後。


相手オフェンスに30ヤード地点まで攻め入られた場面で、
サックをして10ヤード後退させてフィールドゴールを諦めさせ、
更に、その次のプレーでもサックをして前半終了、という。


最終的に3点差での勝利だったわけですから、かなり大きいプレーですね。


面白いのは、ファンブルフォースの場面で、
第2クォーターの途中、ヴァイキングスRBエイドリアン・ピーターソンタックルし、
ピーターソンファンブル、そして、ターンオーバー


・・・かと思ったら、チャレンジが成功して、ファンブルは無効に。


そうしたら、その次のプレーで、またもアレンピーターソンタックルし、
ピーターソンファンブル
そして、今度こそ、正真正銘のターンオーバー


続けてファンブルしてしまうピーターソンピーターソンですが、
無効となっても、もう1度引き起こしてしまうアレンの執念も、なかなか凄いですねぇ。


このターンオーバーにより、相手陣奥深くよりオフェンスを開始したチーフスは、
結局、このドライブフィールドゴール成功。


これも、「3点差の勝利」の中で重要な位置を占めるのは、言うまでもありません。


次に、キーワヌークは、最後、1ヤード地点まで攻め込まれながら7点差を守りきった、
ワシントン・レッドスキンズ戦で活躍。


第4クォーター、7点リードした後に引き起こした2サックファンブルフォースは、
直接、ターンオーバー等になったわけではありませんが、
「逃げ切り」のディフェンスの中で、大きな位置を占めていると言えるでしょう。


更に言えば、前半終了間際、25ヤード地点まで攻め入られて、
「サードダウン残り1ヤード」という場面でロスタックルをし、
フィールドゴールの失点のみに抑えることに成功しています。


ここでタッチダウンを取られていたら、最後、
フィールドゴールで同点となっていた可能性が高いだけに、
目立たないながらも、勝利を呼ぶプレーだったのかもしれませんね。


そして、アイヴィーも、接戦となったアリゾナ・カーディナルズ戦で活躍しました。


第2クォーターにサックをしたときには、
直後のパントでパントリターンタッチダウンが発生しており、間接的に貢献。


第3クォーターには、27ヤード地点でパスをキャッチした、
カーディナルズWRラリー・フィッツジェラルドタックルしてファンブルフォース
更に、自分でファンブルリカバー


失点を免れるとともに、折り返しのオフェンスのフィールドゴールにつながっています。


そして、試合終盤には、QBカート・ウォーナーエンドゾーンへのパスを失敗させ、
失点をフィールドゴールのみに止めることに成功。


同点とされましたが、その後の、「勝ち越しフィールドゴール」につなげました。


・・・と、こうやって順に見てみると、
接戦での勝利の中では、ディフェンス選手の誰かが、
必ず重要な役割を担っているということが、よく分かりますねぇ。


さて、第3週時点での「ディフェンス選手ベスト10」は、以下の通り。

順位(比) 選手名 ポイント タックル ロス サック パスDef INT FUM
1位(↑) DE トレント・コウル
フィラデルフィア・イーグルス
102 5 4 5 0 0 2
2位(↑) LB バレット・ルード
タンパベイ・バッカニアーズ
95 29 4 0 0 1 2
3位(↑) LB カーク・モリソン
オークランド・レイダーズ
86 17 3 0 3 3 0
4位(↑) CB アンソニー・ヘンリー
ダラス・カウボーイズ
84 10 0 0 3 4 0
5位(↑) LB キース・バラック
テネシー・タイタンズ
83 12 3 0 0 3 1
6位(↓) LB ルーズヴェルト・コルヴィン
ニューイングランド・ペイトリオッツ
82 10 0 2 0 1 2
7位(↓) LB ローファ・タトゥープ
シアトル・シーホークス
81 21 2 0 0 1 2
8位(↑) LB ジェイムズ・ファリアー
ピッツバーグ・スティーラーズ
80 12 2 2 4 0 1
9位(↑) SS クリス・ハリス
カロライナ・パンサーズ
79 16 1 0 0 0 3
9位(↑) SS ショーン・ジョーンズ
クリーブランド・ブラウンズ
79 21 2 0 3 1 1

NFL - My New Ratings & Stats


今週1位に上がったのは、毎週コンスタントな活躍をしているコウル


イーグルスは、オフェンスが大爆発して初勝利を収めましたが、
ディフェンス選手は、コツコツと頑張っています。


大きくジャンプアップしてきたのは、4位のヘンリーと5位のバラックで、
どちらも、今週の週間MVP受賞者です。


ディフェンスバック選手も、ようやく、上位陣に見られるようになって、
ポジションごとのバランスも、だんだん良くなってきましたね。


先週1位のコルヴィン、2位のタトゥープが、今週は6位・7位。


・・・と、まあ、大体、そんなところで。


まだまだ、週も浅いですから、ランキングの変動は激しいです。


以上、第3週の「ディフェンスインパクトポイント」でした。

第4週の希望(まとめ)



では、第4週の「希望」のまとめを。


第4週の「勝利希望」は、以下のような感じです。


なお、「第1弾」=「ドラフト直後Ver.」、「第2弾」=「プレシーズン直前Ver.」、
「第3弾」=「開幕直前Ver.」、「直前」=「現在の気持ち」で、
希望が前と変わらなかった場合は、省略してあります。

                 
      希望    
アウェイ ホーム 第1弾 第2弾 第3弾 直前
BAL CLE CLE     BAL
CHI DET CHI     DET
GB MIN GB      
HOU ATL HOU ATL    
NYJ BUF BUF      
OAK MIA OAK MIA OAK  
STL DAL STL      
SEA SF SF SEA    
TB CAR CAR      
DEN IND IND      
KC SD SD      
PIT ARI PIT      
PHI NYG PHI      
NE CIN NE      



「直前」でひっくり返したのは2試合。


ボルチモア・レイヴンズクリーブランド・ブラウンズの試合は、
レイヴンズのクォーターバックがQBカイル・ボウラーだったらいいなぁ、とは思いますが、
多分、QBスティーヴ・マクネアが出てくるでしょう。


それでもレイヴンズの「勝利希望」にひっくり返したのは、
・・・まあ、それだけ、ブラウンズに対する僕の「応援度」が下がった、ということで。


でも、今シーズンは、ブラウンズと全く相性の良くない僕ですから、
「希望」をひっくり返したことによって、
かえって、ブラウンズが勝利する可能性が高まったような気もしないでもなく・・・。


シカゴ・ベアーズデトロイト・ライオンズの試合は、
特に、ベアーズQBレックス・グロスマンを応援していたわけではないのですが、
世間が、あまりにも、「グロスマンが交代すればベアーズは強い」と言うものですから、
ちょっと、天邪鬼根性が出てしまいました。


他に、ひっくり返さなかったものの、迷った試合が2つ。


ニューヨーク・ジェッツバッファロー・ビルズの試合は、
ビルズQBのJ・P・ロスマンが出られないので、ちょっと迷いましたが、
ロスマンの復帰後に、まだ今シーズンの「チャンス」が残っていることを祈って。


セントルイス・ラムズダラス・カウボーイズの試合は、
応援しているカウボーイズが好調なのが嬉しくて、
一瞬、カウボーイズの「勝利希望」にしかかりましたが、
ラムズQBマーク・バルジャーの苦境を考えると、ラムズに勝ってもらいたいなぁ、と。


そんなところで。


3ヵ月半前に書いた、この週の「補足」は、こちら。


 http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20070616


ニューヨーク・ジャイアンツ


先週負けていたら、ここで書いていた、
「シーズン中盤で、トム・コフリンヘッドコーチが解任される」ということが、
そろそろ現実味を帯び始めてくるところでしたが、
なんとか、首の皮一枚つながった感じでしょうか。


とはいえ、今週の試合で負けると、やっぱり、また厳しくなるような気もしますね。


以上、第4週の「希望」のまとめでした。